【山口】錦鶏の滝



スポンサーリンク

山口市を一望できる東鳳翩山(ほうべんざん)の麓にあり、一の坂川の源流となっている錦鶏(きんけい)の滝は、山口市を代表する滝のひとつ。
滝は雄滝(約30m)雌滝(約7m)の2つあり、滝全体が鶏の鳴く姿に似ているということから、この名前がつけられたそう。

静寂な雰囲気の中で、豊富な水量の滝が流れるサマは壮大ですよ。

どこにあるの?

錦鶏の滝は山口市から萩市に向かう21世紀の森の途中、一の坂ダムの上流から行くことができます。
ダムの上流に野球場があって、それをちょっと登ると右折のヘアピンカーブがあるでしょ?
そこをまっすぐ進むと駐車場。看板もあるのでわかると思います。
なんか、かなりジモピー的な表現になっちゃったね笑。
(ところで21世紀の森ってもう言わないのかなぁ。。。?)

で、地図がコチラ↓。

ヘアピンカーブ。。。
「あ!あそこのことねっ!!」って、わかってくれたかな???

ここが駐車場。
そんなに広くはないんだけど、狭くもないという。。。笑。
詰めれば、う〜ん、10台弱は停めれるんじゃいんかな?

この道を山側に向かって進みます。
滝までは約700m、徒歩で20分あればゆっくり歩いても着くかなぁ。
周りの景色を眺めながら歩けば、気持ちいいよ!

途中、こんな小さな橋を渡ります。

で、さらに進むと分岐が。
左に行くと雄滝、右に進むと雌滝です。
今回は雄滝に向かいました。
足元は見ての通り、橋を渡ってから悪くなるので、スニカーとか歩きやすい靴でくるといいよ。

ここから約5分で雄滝に到着。
待ちに待った雄滝はこれっ!
どんっ!!笑

どう?
壮大な雰囲気が伝わってこないかな?
滝っていつもそうなんだけど、あたり一面、滝の音のみの空気っていつまでもそこにいれるような気持ちになるんだよねぇ。
THE癒し!!

ここには滝を見るための展望台?みたいなものも整備されています。
橋を超えてから滝までの道が狭いからね、これがないとグループで来た時などはみんなで滝が見れないかも。
できれば、ベンチがあってくれたらゆっくりできていいんだけどね笑。

施設情報

・住所:山口県山口市上宇野令天花畑
・駐車場:10台程度
・トイレ:なし
・交通:瑠璃光寺から17分・新山口駅から約40分

さいごに

今回は雌滝には行きませんでした。
なんでかって?
それは、疲れていたから。。。笑。
次回は行ってみたいと思います。
駐車場から約20分なので、軽い運動がてら散策気分で行ってみたらどうでしょう?
近くには瑠璃光寺もあるので、デートコースのひとつに入れてみては?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

山口県出身。 山口のいろいろなとこ(主に自然とか。。。)を紹介していきたいと思います。またぁに雑談なども発信したいなと笑。