台北101のカウントダウン花火、日本でも見てみたいよね。



スポンサーリンク

どうも、ぷぅです。

台湾への旅行者も増えているってことで、いきなりなんだけど「台北101」って聞いたことある?
台北101といえば、台湾のランドマークともいえるハイテクを駆使した超高層ビル。
で、そこで毎年やっている新年を祝うカウントダウン花火、直接見に行った人もいれば、テレビやyoutubeで見たことがある人もいるんじゃないのかな?

こんなことが日本でも見ることができたらなぁ。
今回は台北101のカウントダウン花火をご紹介します。

台北101って?


出典:台北101

正式名称は「台北金融大樓」
台北101(タイペイイーリンイー/タイペイイチマルイチ)ってのは愛称として親しまれているんだよ。
台北市の信義区にあって、全長509.2m(地上382m)、地上101階、地下5階。
101階建てってことで、台北101なんだね。
2004年に世界一高いビルとして建設され、中にはショッピングモールやオフィス、展望台などがある。
僕も行ったことがあるんだけど、89階にある展望台は観光スポットとしても有名で、台北市を一望でき、夜にはネオンの景色を見ることができるよ。
91階には屋外展望台もあり、天気が良いときにはおすすめ。

台北101
住所:台北市信義区市府路45号
電話:(02)8101‐7777(代表)
営業時間:(日~木)11:00〜21:30、(金土祝前)11:00~22:00
アクセス:MRT「台北101/世貿」駅出口4下車。MRT「市政府」駅からは2番出口下車後、南方面へ徒歩約10分。
展望台
営業時間:9:00~22:00
※入場は21:15まで、屋外展望台は18:00まで。
年中無休(旧正月、連続休暇の場合は営業時間等変更可能性あり)
入場料:大人500TWD、身長110cm以下の子供は無料

圧巻のカウントダウン花火!でも、来年の開催は・・・。

この台北101、何と言っても一番の見どころは12月31日のカウントダウン・イベント。
このイベントは台北101がオープンした翌年の2005年から毎年開催されていて、約3分の間に数千発の花火が台北101を覆うように打ち上げられる姿はホントに圧巻。


出典:SHIRO P

この動画は今年のもの。
最初にこの動画を見たときは正直、「日本でも見てみたい!」って思ったんだけど、やっぱり日本だとどうしても消防法とかの規制もあり、普通はこんなことできないよね。
唯一、できるとしたら2020年の東京オリンピックくらいかな?東京スカイツリーとか東京タワーとかからね。
日本だと、花火の後との煤(すす)の清掃のこととか近隣住民の反対などいろいろあって、実行するには難しいだろうけど。
岸和田のだんじり祭りじゃないけど、やっぱりこういったことをするにはその地域の文化ってのが大きく関わってくると思うんだけど、何か新しいことやぶっ飛んだ面白いことをしようと思ったときには、「そういうことをしよう!」みんなで思う風土がないと開催することはできないんじゃないのかな。
もちろん、安全面や地域の協力を得るってことは最優先すべきことなんだけどね。

で、この花火。
実は毎年、「今年が最後」という噂が出ているんだけど、結論から言うと来年は残念ながら開催しないみたいなんだ。
それは、今年の2月に放送されたTBSの「世界ふしぎ発見!」で台北101のカウントダウン花火が流れたみたいなんだけど、その時に

「台湾で毎年新年に行われる台北101の打ち上げ花火。費用の問題から、今回で一旦終わるという。」

ナレーションが流れたみたい。(参照:子連れで!台湾旅行・タイ旅行
「マジで!」って思う人もいるだろうけど、今のところまだしないということは公的には決定していないみたい。
僕もネットで調べる限りでは現状、「子連れで!台湾旅行・タイ旅行」さんしか記事にされていないんだよね。
一昨年の開催発表が12月1日ということもあり、11月には何かしらの発表があるのでは?とのこと。
気になる人がいれば、下記の「子連れで!台湾旅行・タイ旅行」さんの記事を要チェック。
2018年台北101のカウントダウン花火 やるのかやらないのか情報
僕も情報が分かり次第、記事にしたいと思います。

まとめ

2020年の東京オリンピック。今も水面下でいろいろなことが企画されているんだろうけど、ぜひとも世界中をあっと言わせるようなぶっ飛んだことをしてもらいたいよね。

今回紹介した台湾は親日家の人もたくさんいるし、日本人好みの食事を提供しているレストランもたくさんあるんだよね。僕が行ったときは台湾に詳しい人がいたので、美味しいところをたくさん紹介してもらったよ。
今は世界中でこういった花火のイベントが開催されているので見に行く選択肢は多いと思うけど、まだ台北101を見たことがないって人にはおすすめのイベント。
年末の旅行を企画している人がいればぜひ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です