【下関】角島大橋



スポンサーリンク

今回は長門市の元乃隅稲成神社と同じくらいの人気のスポット、下関市の角島大橋を紹介します。

数年前までは正直、あまり人もいなくて「なんでこんなとこにこんなデッカい橋を作ったんだろう?」と思っていたんだけど、あれよあれよとこの数年で爆発的に観光客が急増!!!
橋の入り口には大型バスの駐車場もできて、夏くらいからは朝早く行っても入り口付近にはたくさんの人が。。。

個人的には昔みたいに「静かぁな雰囲気でまったりしたいんだけどな」と思いつつも、「それでも知ってもらうということはいいことだよね!」と自分を納得させ笑、ときどきボォ〜っとしに行ったりしています。

大橋というだけあってロケーションをメインに訪れている人もいると思うので、カンタンな説明を入れて紹介しますね。
ちなみに、今回は角島大橋のみの記事です。
近くの飲食店や灯台とかにはがっつり触れていませんので、ご了承くださーい。
(なにも記事数をかせごうってわけじゃありません笑)

どこにあるの?

下関市の豊北町神田と豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かる全長1,780mの橋で、2000年(平成12年)11月3日に開通。
完成当初は通行料金が無料の離島架橋としては日本最長だったんだけど、その後角島大橋より長い橋が建設されちゃったので最長ではなくなったんだよね。
なので、「日本屈指」ということでお願いします!!笑。

地図はこちら。

ここは北長門海岸国定公園内ってこともあり、自然景観保護を意識して角島大橋を建設したそう。
で、2003年(平成15年)、「土木学会デザイン賞2003」の優秀賞を受賞してます。

島の人たちが角島大橋に掛けた想い

当時、橋ができたときに聞いたのは、角島大橋は安倍晋太郎さん(安倍晋三さんのお父さん)の悲願だったって話。
なので今回、ちょっと調べてみたらこんな記事が。
産経ニュース【平成の名所はこうして生まれた】角島大橋(2)架橋は夢物語じゃない
島の人たちにとって角島大橋の建設は命に直結する問題だったんだね。。。

正直、こんな経緯も知らずただただロケーションを楽しみに行ってるだけでした。
角島大橋は島の人たちの切実な想いが込められた「夢の架け橋」だったんだね。

みんなも角島に行ったときには、この島の人たちの想いを思い出してくれたら嬉しいな。

角島大橋のロケーション

角島大橋の人気はやっぱりそのロケーション。
車のCMに採用されたり、映画「四日間の奇蹟」やドラマ「HERO」のロケ地としても採用されました。

ここからの眺めは、いろいろなサイトで掲載されている1番有名なショットですよね。

入り口にある駐車場からのショット。
ここにはトイレや自販機もあるので、渡る前のひと休みにいいですよ。
この駐車場の反対側には展望台もあるので、時間があれば行ってみてくださいね。

駐車場から右側のショット。
白い砂浜と真っ青な海のコントラスト。天気がいいともっと良かったんだけど。。。
展望台の方にも西長門リゾートというホテルがあり、そこの砂浜のロケーションも最高です。


(出典:死ぬまでに行きたい!世界の絶景)

この動画、角島大橋の魅力がめちゃくちゃ伝わると思います!!
こりゃあ、写真はいらなかったカモ。。。笑。
動画はたくさんアップされているので、気になったらググってみてね。

ちなみに、角島大橋は絶景プロデューサー詩歩さんのベストセラー本「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」(2013年)で3位、大手旅行サイト・トリップアドバイザーの「口コミで選ぶ 日本の橋ランキング」(2015年)で1位になってます。
詩歩さん:FacebooktwitterInstagramブログ
トリップアドバイザー

周辺施設

角島大橋のロケーション、いかがでしたか?
詩歩さんの動画にかなり助けられた感はありますが。。。笑。
ロケーションもサイコーですが、角島大橋の近くには有名な灯台やお土産処もあるので、一緒に紹介しますね。

角島灯台
明治9年に初点灯した総御影石造りの洋式灯台で、灯台の周りは公園として整備されています。
住所:下関市豊北町角島2343-2
営業時間:5月~9月/9:30~16:30・10月~4月/9:00~16:00
※天候により、臨時休業の場合あり
灯台参観寄付金:中学生以上200円
駐車場:300円/台
公式サイト:山口県の旅行・観光情報 おいでませ山口へ

しおかぜの里 角島
角島中央部にあり、2002年8月にオープン。
ここは食事もでき、お土産も販売しています。
住所:山口県下関市豊北町大字角島853-4
営業時間:通常期/9:00~17:00(定休日:水曜日)・夏季(7・8月)/9:00~18:00(定休日:無休)
公式サイト:角島のお土産、特産品 しおかぜの里 角島

さいごに

いかがでしたか?
ロケーションもさることながら、角島大橋の建設にかけた島の人たちの想いも伝わったのじゃないでしょうか?
夏にはたくさんの観光客で賑わいます。
時間には余裕を持って、行ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

山口県出身。 山口のいろいろなとこ(主に自然とか。。。)を紹介していきたいと思います。またぁに雑談なども発信したいなと笑。