ピコ太郎さんもPR!国連の「SDGs」って知ってる?



スポンサーリンク

こんにちは、ぷぅです。

PPAPで一斉を風靡したピコ太郎さん
そのピコ太郎さんが国連のCMに出ているんだけど、そこで紹介されているのが国連の「SDGs」
SDGs???
みんな知ってる?

SDGsは「2015年9月の国連総会で採択された新しい国際目標」らしいんだけど、まだちょっと分からないよね?

今回はこのSDGsを紹介することで、みんなと国連や諸団体の活動について情報を共有できたらと思います。

国連の「SDGs」って何?

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。
で、これってそもそもなんて読むの?ってなると思うんだけど「SDGs(エズ・ディー・ジーズ)」って発音するみたい。

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標。
この目標は持続可能な社会をつくることを目指していて、世界が抱える問題を17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されているだ。

これまでは各国政府や専門機関、もちろん国連の目標だったんだけど、このSDGsは世界中の一人ひとりの目標になっているんだ。
そして、この目標は「2030年に世界がどういう状態になっていなければいけないのか」という成果目標であり、キーワードは「Sustainable(持続可能)」ってことだね。

国連広報センターのSDGs広報啓発動画です。


出典:国連広報センター

次は、17の目標について簡単に紹介するよ。

目標1 あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる
目標2 飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する
目標3 あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
目標4 すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する
目標5 ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う
目標6 すべての人々の水と衛生の利用可能と持続可能な管理を確保する
目標7 すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する
目標8 包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する
目標9 強靭(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの促進を図る
目標10 各国内及び各国間の不平等を是正する
目標11 包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する
目標12 持続可能な生産消費形態を確保する
目標13 気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる
目標14 持続可能な開発のために海洋。海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する
目標15 陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する
目標16 持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する
目標17 持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

出典:国際連合広報センター

活字ばかりが並んだけど、だいたい全体像は掴めたかな?
この17の目標には前にも言ったように169の具体的なターゲットがあるんだ。
いろいろな取り組みをしている団体は多いので、興味のある人は個別で調べるか、下記のサイトで確認してみてね。
外務省
国際連合広報センター
目標別のロゴもダウンロードできるよ。
動く→動かす
ここには関連資料として「SDGsが一目で分かるA4資料」「子ども・若者向けのハンドブック」があるよ。
自由にダウンロードできるので、確認してみて。

「SMILE by WATER」って知ってる?


個人的にSDGsの中で一番、身近だと思った目標6:「すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続的な管理を確保する」を調べてみたら(公社)日本青年会議所という団体の取り組んでいる「SMILE by WATER」というキャンペーンに興味が湧いたので調べてみた。
「SMILE by WATER」公式HP

この団体について詳しく知りたい人は公式ページを見てみて。
公益社団法人日本青年会議所
簡単にいうと、全国各地でイベントや祭りをしている団体のことかな。
みんなのまちでも活動されていると思うよ。

で、話を戻して、この「SMILE by WATER」なんだけど、公式ページによると

国連が2015年9月に、持続可能な開発のためのグローバル目標(UN SDGs)を採択したことを受け、国連のパートナーであるJCIも目標達成に向けて協力していくことを決めました。
昨年11月に開催された世界会議金沢大会において、公益社団法人日本青年会議所は、UN SDGsの目標6「すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続的な管理を確保する」の推進を金沢宣言として発表し、2016年度より国際協力運動として「JCI JAPAN SMILE by WATER」キャンペーンを展開して参りました。
世界の人びとの生命を救う上で最も重要な「水と衛生」に関する問題をテーマに、日本から率先して世界の発展と調和に向けた運動を展開すべく、何卒、同キャンペーンへのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

とあります。

このキャンペーンが始まったのが去年の2016年で、活動は何をしたかというと「バングラデシュの農村に雨水タンクを設置」
そして、2017年の今年は昨年のキャンペーンを引き継ぎつつ、新たな取り組みとして「カンボジア王国のプレアヴィヒア」というところで現地の人の「自立につながる支援活動」に取り組んでいるそう。

で、興味を引いたのは今年の活動での「魚の養殖事業」ってとこ。

個人的な思いになるんだけど、昔に発展途上国の支援ということで日本から多くの団体が井戸水の支援に行ったんだよね。で、井戸を作るだけ作って、その数年後に現地の人たちがヒ素中毒になったということを耳にしたことがあるんだ。
もちろん、井戸の設置後もメンテナンスや現地の人への教育などを行なって、キチンとした形での支援を行なった団体もあると思うよ。
でも、この話を聞いたときは正直、何とも言えない気持ちになったんだ。

そんな思いを抱えたまま、数年が経ったとき、ふと目にしたのが株式会社マザーハウスの社長、山口絵理子さんが出ている番組。
マザーハウスはバングラデシュでアパレル製品や雑貨を生産している会社なんだけど、その番組の最後に現地の従業員さんが言った言葉。

「これまで大勢の人々が開発の名の下にやって来て、お金や食料を援助してくれました。でも私が思うに、それには持続的な効果はありません。なぜなら、人々に無償で何かを与えるのは、彼らを「物乞い」にするのと同じだからです。」

何かイナズマにでも打たれた気持ちになった。
当たり前のことなんだけど、改めて気付かされたというか。
で、その山口絵理子さんはビジネスを通じてバングラデシュを力付けようとしているんだよね。
「それこそが人々を救う唯一の持続的な道と信じているし、仕事があれば誇りを持って生きていける。」って、現地の人も言っている。
僕もそうだと思うんだ。
確かに一過性な援助で助かる人もいるとは思うんだけど、やっぱり「自立」って重要だなと。

マザーハウスについて知りたい人は公式ページをのぞいてみてください。
株式会社マザーハウス

で、魚の養殖事業。
これは(公社)日本青年会議所の支援がなくなった後も現地の人たちが自立して水を確保していける仕組みとして行なっているんだよね。
キレイな水を飲むための井戸の設置をしつつ、養殖事業を立ち上げることで雇用を生み、さらにはその収益を持続的発展のために使う。
カンボジアはタンパク源として淡水魚を食べる国だし、養殖業も盛んと聞くね。
ぜひ、このビジネスが成功して現地の人たちの本当の支援になってもらいたいな。

「いつでもキレイな水が飲める」
日本では当たり前のことなんだけど、その当たり前のことが重要であり、国によっては難しいことでもあるということを再認識しました。

このキャンペーンに関する募金や説明会(SDGsとSMILE by WATERについて)などもしているみたい。
さすがに現地に行ってのボランティアはできないので、募金という形での協力はしやすいかもね。
「SMILE by WATER」公式HP

まとめ

SDGs、いかがでしたか?
世界には僕たちには想像も及ばない問題が山積しています。
みんながSDGsを知ることで、国連の活動や世界の現状に目を向けるきっかけになったらいいな。

僕も、まずは手の届くところから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です