【長門】元乃隅稲成神社・竜宮の潮吹



スポンサーリンク

今回は人気急上昇中の長門市の元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)竜宮の潮吹を紹介します。
最近ではテレビなどでも紹介されているので、知っている人も多いんじゃないのかな?
ちょっと前までは、知る人ぞ知るチョー穴場スポットだったんだけど、SNSで拡散されて今は海外の番組でも紹介される状況に。
正直、穴場だった時のほうが好きだったんだけどなぁ笑。
人も少ないし、なんか独り占めできる!って快感があったんだけど。。。

でも、地名度があがって人が来るようになるってのはいいことなので、便乗してブログに書いてみようと思います笑。

元乃隅稲成神社って?

有名になったからと言ってもまだまだ知らない人もいると思うので、カンタンに紹介します。
まず元乃隅稲成神社の成り立ちとして、ながと観光なび「ななび」さんによると

元乃隅稲成神社は、昭和30年に、地域の網元であった岡村斉(おかむらひとし)さんの枕元に白狐が現れ、「これまで漁をしてこられたのは誰のおかげか。」と過去からの関わりを詳細に述べた後、「吾をこの地に鎮祭せよ。」というお告げがあったことにより、建てられました。

とのこと。

で、2015年にはアメリカのCNNが発表した「日本の最も美しい場所31選」に選ばれました。このこともあってか、実際に行ってみると外国の方の観光客も増えたような気がするなぁ。
というか、「ななび」のサイトをみると長門市の力の入れようがわかるよね笑。
他の観光地との紹介内容のウエイトが明らかに違うっ笑。


(出典:KKR HOTELS&RESORTS

今ではたくさんの人が画像をアップされているし、中にはドローンで撮影している人もいるので興味があればyoutubeなどで検索してみてね。
写真では伝わらない魅力がわかると思います。

(出典:ななび長門市観光コンベンション協会)

長門市観光コンベンション協会さんの動画を貼っておきます。

竜宮の潮吹って?

元乃隅稲成神社にはもうひとつの見どころがあるんだけど、それが竜宮の潮吹
この説明も、ながと観光なび「ななび」さんから引用。

潮吹とは、打ち寄せる波が岩礁の孔内に突入するごとに、圧縮された洞内の空気が外に出ようとして海水を噴出する噴潮現象のことです。
北東の風、冬の季節風で海が荒れる時ほど潮が高く上がり、時には30m以上も吹き上がることがあると言われています。

実際、目の当たりにしたらすごいんだろうなぁって思っているくらいなので、もちろん1度も見たことがありません。。。笑。
なので、こちらも「ななび」さんのサイトから。


(出典:ながと観光ナビななび

遠くからでも眺めることができるように、元乃隅稲成神社の駐車場近くに展望台みたいなものが作られています。
波が荒れた時に見ることができるので、正直お目にかかることはないかもね。。。
だって、観光地にはいい天気の時に行きたいもんね笑。

ということで、地図はコチラ↓。

ところで、気付いた人がいるかも知れないけど、元乃隅稲成神社は「稲荷」ではなく、「稲成」と表記します。これは、島根県津和野町の太皷谷稲成神社から分霊されて建立されたことによります。
で、太皷谷稲成神社がなぜ「稲成」なの?ってことになるんだけど、「願望成就の御神威が高いお稲荷さま」だということで「稲成神社」となったそう。
ちなみに国内の稲荷神社で「稲成」表記しているのは太皷谷稲成神社だけみたい。
詳しくは太皷谷稲成神社の公式サイトを見て見てね。→太皷谷稲成神社

施設情報

元乃隅稲成神社・龍宮の潮吹
・住所:山口県長門市油谷津黄498
・開館時間:日の出から日没まで※夜間の立入禁止
・駐車場:乗用車116台/二輪車約20台
・駐車料金:乗用車 1時間につき300円(1時間を超える毎に100円で最大500円)/二輪車1回100円

現地までの道はたくさんあるんだけど、ナビによっては昔の旧道に誘導することもあるみたい。
旧道は道幅も狭く、カーブも多いので運転には十分気を付けてくださいね

まとめ

人気沸騰中の元乃隅稲成神社、いかがでしたか?
何枚か写真を撮ったんだけど、中々いいのがなくて。。。今回は他サイトさんの画像を拝借・・・。
一眼レフやドローンなどを持っている人はぜひ、行ってみてください。
きっといい写真を撮ることができますよぉ。

また、長門市は温泉も有名な観光地なので、遠方から来られるときはぜひ、宿泊込みで行ってみてくさいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

山口県出身。 山口のいろいろなとこ(主に自然とか。。。)を紹介していきたいと思います。またぁに雑談なども発信したいなと笑。