社会起業家を目指すなら知っておきたい!伊勢谷友介さんの「志」。



スポンサーリンク

みんな生活している中で、「ここをこうしたらいいのに」とか「これがこうなったら、もっとよくなるのに」など、社会に対していろいろと疑問を感じることがない?
で、これって堅い言葉でいうと「今ある社会の問題を改善する」ってことだよね。
そして、問題の解決に向けて行動している人たちのことを「社会起業家」というんだ。

みんなのまちにも社会起業家として、いろいろな活動を行なっている人や団体があるんじゃない?

今回紹介するのは、俳優・映画監督としてみんなも知っている「伊勢谷友介さん」
実は伊勢谷さん、会社を経営しているってこと知ってた?
その会社は、「株式会社リバース・プロジェクト」

社会起業家としての顔ももつ、伊勢谷さん。
今回は株式会社リバース・プロジェクトの取り組みと伊勢谷さんの志をご紹介します。

社会起業家としての伊勢谷友介さん

1976年生まれ。
東京藝術大学美術学部修士課程在学中に、映画『ワンダフルライフ』で俳優デビュー。
最近では、映画「新宿スワンII」や「ジョジョの奇妙な冒険」に出演されているので、テレビなどで見かけることもあったんじゃないのかな。

なぜ社会起業家を目指したのかというと、その転機は大学の卒業旅行で行った沖縄で、ヒッピーみたいな人たちと暮らす中でその人たちが「人は、どういう風に生きたら幸せなのか?」ということを考えながら暮らしていることに気付いたんだって。
で、自分自身に投影した時、そこにはたくさんのものに囲まれている自分がいて、何もない中で「どうやってその日の食べる物を得るか」ということを考える生活のほうが、ずっと刺激的に思えたそう。
その時の思いがずっと心の中に残っていて、「今、私たちは何をしなくちゃならなくて、僕には何ができるのか」と深く考えていったことがリバース・プロジェクトの原点になったそうです。

プロ論。「目的があれば、自分の能力を高く活かせる」
伊勢谷友介さんのインタビュー記事。
社会起業家としての熱い想いが語られています。

僕も含め、大多数の人はおそらく「こうなったらいい」など、地域の未来にビジョンを持ってたり、「こうしたらいいのに」と問題解決のアイデアがあってもなかなか行動に移せなかったりするよね。
今の自分が置かれた環境に「できない理由」を考えたら、たくさんの「しない言い訳」が出てくる。
でも、人は何か目的が明確になると大きな力となって、周りの人たちをも巻き込むムーブメントとなる。

伊勢谷さんみたいになれなくても一人ひとりができることをしていったら、地域や社会ももっと楽しくなるかもね。

株式会社リバース・プロジェクトはどういうことをしているの?

先日放送されたガキの使いスペシャルで伊勢谷さんが会社の経営者であることを明かし、注目を集めたみたいだけど、実は数年前からリバース・プロジェクトのことは知っていたんだ。
で、今回紹介するのに改めて調べてみたら、これがまたスゴいことになってた。
やっていることがスゴイし、多いっ。
なので、紹介しきれないのでこれまでのプロジェクト事例や現在進行中のプロジェクトについては公式HPをのぞいてみて。

株式会社リバース・プロジェクト

ここでは簡単にご紹介。設立は2009年。

VISION:「人類が地球に生き残るためにはどうするべきか?」を理念に掲げ、人間がこれまでもたらした環境や社会への影響を見つめなおし、未来における生活を、新たなビジネスを通して提案する。

・衣、食、住、教育・芸術・まちおこしといった分野において、社会課題の解決をクリエイティブな視点から試みる。
・クライアントのCSR活動と連携を図りながら、人々の経済活動が大きな理念のもとにシフトしていくことを目指す。

実行しているプロジェクトは5つあって

MATERIAL:社会課題を素材で解決する
環境や社会に配慮された素材に付加価値を付け、消費における新たな選択肢に引き上げる取り組み
・味噌×まるごと野菜「MISO POTA KYOTO」のメニュー開発
・KATHARINE HAMNETT LAB × REBIRTH PROJECTなど
SYSTEM:社会課題を仕組みで解決する
数多くの力が参加できる手法や関わり方を開発し、大きなムーブメントにする「システム」を提案する
・全日本制服委員会 × TRUNK(HOTEL)制服プロデュース
・RICE475など。
MILD SHIFT:社会課題をアートで解決する
新しい視点やコンセプトで世界に疑問を投げかけ、課題への回答を出していく取り組み
・FUTURE CULTIVATORS ワークショップを実施
・NEW RECYCLE @HOLE IN THE WALLなど。
LOCAL:持続可能な地域づくり
各自治体、任意地域 地区、民間と恊働し、持続可能な地域が各地で展開されていくことを目指す取り組み
・HIGASHIMATSUSHIMA × REBIRTH PROJECT
・NANTO CITY × REBIRTH PROJECTなど。
OTHERS:企業のあり方を提案する啓蒙活動
・知ることで生まれる、新しい選択のきっかけ CHOICE
・萩・維新塾 HAGINNOVATION 2011「萩から日本を変える!」など。
この他には、松下村塾リバースプロジェクト(2016年7月より松下村塾リバースプロジェクト with ITOKI)など。
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』で吉田松陰を演じた伊勢谷さん。
現代にも松下村塾が必要という思いから、持続可能な社会を牽引する“志”を持つ人材、その想いを“行動”に起こすことのできる人材育成・社会起業家育成を目指した取り組みも行なっています。
大学生版、地域版、社会人版など様々な活動があるそう。

まとめ

いかがでしたか?
俳優、伊勢谷友介さんを代表とする株式会社リバース・プロジェクトの取り組み。
本当に多くのプロジェクトに取り組まれていて、驚きの一言に尽きるよね。

また、株式会社ではなく、一般社団法人リバース・プロジェクトも設立されているよ。
ここでは、グラウンドデザイン・地域資源活用・市民参画・若手支援などを行なっていて、株式会社のプロジェクトと被るものもあるけど、まちづくりに興味を持っている人はこっちのサイトを見た方が分かりやすいかも。
リバースビレッジという地域づくりにも取り組んでいるので、ニーズが合えばコラボもできたりして。

これだけのプロジェクトをやり続けることができる伊勢谷さんの「志」。
いい男は顔だけでなく、心も男前ってことだね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です