猫寺として人気沸騰中、萩の「雲林寺」は楽しさ満載。



スポンサーリンク

こんにちは、ぷぅです。

最近は僕の故郷、山口県にも猫ブームが押し寄せ、猫カフェなども結構できているみたい。
そこで今日は、猫好きの人たちに人気沸騰中という萩市の雲林寺をご紹介します。

実際に行ってみて分かったんだけど、この雲林寺はアイデアが豊富というか、情報発信についてかなり力を入れられていて、イベントを企画するときの参考になると思ったんだよね。

なので、猫についての紹介というよりは、全国から猫好きの人が訪れることになっている豊富なアイデアを中心に紹介したいと思います。
良かったら、ぜひ参考にしてみてください。

雲林寺について

まずは雲林寺について簡単に紹介。
雲林寺は山口県萩市の市街地から車で約30分ほどのところにあります。
よく、ツアーなどでセットになっている萩と津和野のちょうど中間くらいのところになるかな。
地図を付けておくので、確認してみて。

で、雲林寺がどうして猫寺と言われるようになったかというと

寛永2年(1625年)に長州藩をつくった毛利輝元が亡くなるんだけど、その輝元を主君としていた長井元房って人もあとを追って殉死しちゃうんだ。
で、その元房さんにはとっても可愛がっていた猫がいてね、その猫が元房さんが亡くなったあと天樹院ってところにあるお墓に49日間寄り添った後、舌を噛み切って死んだそう。
それから夜になると猫の鳴く声がしたので、それを可哀想と思った僧が供養してあげたら鳴き声は止まったんだって。
雲林寺はこの天樹院の末寺で、この縁から猫寺と言われるようになったんだ。

猫だらけ!

まず、なんと言ってもこの雲林寺、訪れた猫好きのみんなが「来て良かった!」と思うくらい、楽しさ満載なんだ。

入り口からたくさんの猫がお出迎え。
で、境内には猫の顔が書かれたお堂があったり、縁側にも猫が。
本堂の入り口には猫の絵馬がたくさんあって、よく見ると草履とじゃれている猫がいたり。
本堂に入れば、可愛く寝ている猫に、「見ザル・言わザル・聞かザル」ならぬ、「見ニャイ・言わニャイ・聞かニャイ」と3匹の猫がポーズを取ってたり。
さらに部屋にはたくさんの猫グッズがいっぱいにと、どこを見ても猫・ネコ・ねこ
ホントに猫好きにはたまらない空間になっているんだ。

もうこれだけで、雲林寺を訪れた猫好きの人たちは癒されるよね。
しかも、ホンモノの猫も数匹いて本堂横の休憩部屋で一緒に遊ぶこともできるんだ。
やることがハンパないというか、徹底しているというか、猫が好きで雲林寺まで足を運んだ人たちの気持ちを理解されているよね。

これをイベントに置き換えると、来場者のニーズにしっかりと答えていて、リピートにも繋がっているってことになるよね。
イベントを行う上での基本中の基本だよね。

楽しいアイデアが満載!

で、僕がすごいなと思ったのが訪れた人を楽しませるためのアイデア
まず、最初に紹介した雲林寺が猫寺と言われる所以、これがナント漫画になっているんだよ。
そして、学級新聞のような「うんりんじしんぶん」や、「うし店長の教えて、おしょうさん」という雲林寺の疑問、質問がまとめられた冊子、「猫のツボ」というパンフレットも作られているんだ。
これを読むだけで、住職の人柄に触れることができるし、雲林寺が醸し出す何とも言えない雰囲気に包まれちゃうんだよね。
ホッとするというか、落ち着くというか。

さらにすごいのは、アイデア溢れるグッズも販売されているってとこ。
雲林寺にある猫のオブジェがキャラクターになったお守り、金運アップの猫鈴、エコバッグならぬネコバッグ、猫のマッチに猫のステッカーなどなど。
どこから集めて来たんだ?と思うくらいに可愛いグッズが満載
きわめつけは、「猫寺絵心経」といって、般若心経を猫などのイラストで分かりやすく説明しているものもあったんだよね。
ホント、誰が考えているんだ?と思うくらいのアイデアの数々。

イベントだって、運営費をまかなうくらいの収入をあげないといけない時があるよね。
そういう時は大抵、飲食での売り上げってのが多いと思うけど、そこにアイデア溢れるグッズなどがあれば、買ってもらうことで宣伝になるし、お客さんも喜んでくれるんだったら、なおさらいいよね。

外国からも猫好きが訪れる!!

これで終わりじゃないんだ。
まだ、あるんだよ。

本堂の隣にはこれまた猫スペースがあって、部屋のど真ん中で寝ている猫空飛ぶ猫、ヒゲを引っ張ることで相性を占うことができる猫などなど。
ちなみに本堂前に座っている猫神様はちょっと不気味だったな。。。。
で、この中でも猫の被り物、その名も「猫かぶり」っていうらしいんだけど、これが海外のイベントに出展したところ注目を浴びて、facebookとかで情報を見た外国の人も雲林寺を訪れるという、インバウンドにも一役買っているんだ。

アイデアグッズが海外まで影響を及ぼしているという、本当に参考にすべきことだよね。
結構、SNSを使って海外をターゲットにって考えている人もいるけど、そう簡単にはできないことだよね。

訪れる人を楽しませるアイデアたっぷりの雲林寺。
気になった人はfacebookを見てみてね。
雲林寺

まとめ

萩の猫寺、雲林寺。
ホントに訪れる人を楽しませるアイデアが満載で、イベントを考える時にはきっと参考になると思うよ。
時間があれば、一度訪れて実際に見てみたらいいんじゃないのかな?

たくさんのアイデアから、さらにいいアイデアが思いつくかもよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です