地元でイベントするならFAAVOにチャレンジしてみよう!



スポンサーリンク

地元でのイベントを考える時、どうしても「お金がない」って悩みが出てくるよね。
今はクラウドファンディングもメジャーになり、いろいろなサイトがあるんだけど、正直どのサイトがいいのか分からないし、有名なサイトではそれこそ、すっごくいい企画や有名人じゃないと資金が集まらないんじゃないのかなと思っちゃうんじゃない?

そこで今回、紹介するのは地域密着型のクラウドファンディング「FAAVO(ファーボ)」

特定の地域をターゲットにしたエリアオーナー制のサイトで、他のクラウドファンディングと比較したらその土地柄を理解した人とのコンタクトも取りやすいと思うし、地元でのイベントの資金調達についても優位性があるんじゃないのかな?
あと地域に特化したサイトなら広報もしやすいよね。

FAAVOを活用して十分な資金を集めることでみんなが楽しくなるイベントをしてみない?

資金調達と広報はニコイチ!

現在、CAMPFIREやREADY FOR?、Makuakeをはじめとする、たくさんのクラウドファンディングのサイトが立ち上がっているよね。

そしてそれぞれに特徴があって、このサイトなら社会・国際貢献とか、ここはビジネス・音楽・漫画とか。
サイトのコンセプトも多種多様になっているよね。

今回、紹介するのはその中でも地域密着型のクラウドファンディング、FAAVO
このサイトを紹介するのはあくまでも、地元でのイベントを考えてる人に向けてなんだけど。
で、なんでそう思うのかってことなんだけど。
地方でイベントを行う時、やっぱりキモになるのは地元企業の協賛金地域住民の人たちの寄付金だよね。
ということは、地元に愛着がある人をターゲットにした方がいいし、そうするには地域密着型のクラウドファンディングが最適と思うんだよね。
で、そういうサイトを利用すれば広報が比較的やりやすくなるとも思うから。

そもそもクラウドファンディングって、イベントを掲載すれば勝手にお金が集まるのではなくて、あくまでも広報の一環として考えないといけないよね。
地方であれば各事業所周りや路上に立ってのPRなど汗をかく広報が求められる部分もあると思うんだけど、そういったときに特定の地域をターゲットにしているクラウドファンディングであれば、地元での他イベントも掲載されているから地域感が出やすくて紹介しやすいし、支援する人の精神的ハードルも下がるんじゃないかな。
ネットでの広報といった面を考えても、地域特化型なら特定の検索キーワードで検索上位に入ってくる可能性も高まると思うんだよね。

イベントをしたことがある人なら共感してもらえると思うんだけど、ホント広報ってのは難しいし、イベントの成功を左右するくらい大切なことだよね。
だからこそ、チラシやCMなどに高いお金を使うと思うんだけど、やり方次第でクラウドファンディングにそれ以上の効果が見込めるってことになったら、その浮いたお金を運営費に回すこともできるよね。
お金がないならなおさらね。
なので、「地域密着型」ってのが広報ツールとしては魅力的だと思うし、チャレンジする価値があるって思う。

地域×クラウドファンディング、FAAVO(ファーボ)って?

で、FAAVOなんだけど。

運営会社は2008年に設立された株式会社サーチフィールド
「購入型」(金銭以外のリターンが必要)のクラウドファンディングで「all or nothing形式」を採用。
手数料は「5〜20%」。(展開エリアによって異なる)
※all or nothing形式:募集期間中に目標金額に達したら全額受け取れるけど、1円でも目標金額に達しなかったら一切お金を受け取ることができないということ。

どうしても手数料を意識して、安いサイトを考えてしまう人もいると思うけど、地域密着型のメリットとしては居住者だけではなく、地元を離れた人もターゲットにできるということ。
地元を離れても、昔住んでいた地域の活動を応援したいっていう人もいるよね。
これも広報次第で情報の拡散はいくらでもできるし、加えていうとFAAVOは応援県(ホーム)設定ができるので地元を応援したと思っている人への発信もできる。
あとはマーケティングに詳しいスタッフの人のアドバイスで広報戦略のカスタマイズもできるし、事前のニーズ調査などもできるね。

地域密着型クラウドファンディング、FAAVO。
ぜひ、一度チャレンジしてみてください。

地域×クラウドファンディング FAAVO
地域×クラウドファンディング FAAVO公式ブログ
メニューで使い方など分かりやすく紹介されています。

まとめ

FAAVOは地域×クラウドファンディングと銘打っているように、ターゲットとなる地域の問題を解決するような社会貢献に関する案件が多い。
地元でのイベントであれば立派な社会貢献だし、FAAVOに掲載することで広報戦略やニーズを調査することができる。

もちろん、「他のサイトでやる!」っていう人もいると思うけど、やっぱりイベントは地元に愛されてナンボだと思うし、支援や応援がより多く集まることで「みんなのイベント」っていう意識も高まるだろうし、さらに言えばイベントが成功すれば、「また次もやろう!」ってことになるよね。

地元あってのイベント。
FAAVOで資金調達&広報して、楽しいイベントをやってみない?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です